即日対応のファクタリングを上手に活用して円滑に安定した会社経営を

サイトマップ

factoring

急な事業資金が必要になった場合の資金化

会議中

事業の経営者にとって、事業資金の確保は重要な部分です。事業資金にまったく困っていない場合は問題ないですが、万が一資金繰りに苦労していて即日現金が必要になったとき、銀行の融資やビジネスローンの審査に通らなかったとしてもファクタリングという方法があります。
ファクタリングとは、まだ現金化できていない売掛金をファクタリング会社が買い取って、現金を先にもらうことができるサービスです。ファクタリングは、銀行でお金を借りたりローンを組むのとは違い、審査が厳しくなく担保や保証人が原則不要ですので、即日現金が必要になった経営者にとって強い味方になります。しかも万が一売掛金が回収できなくても、負担しなくていいファクタリング会社もありますので、即日現金を手にすることができて、回収リスクを回避することもできますので、一石二鳥の現金調達方法だと思います。
キャッシュフローの健全化によって、銀行の融資やビジネスローンの審査にも有利になることもありますので、企業経営者にとってはいいこと尽くめです。急な事業資金確保のために即日現金が必要で、これ以上の融資やローンが組めないときには、ファクタリング会社をあたってみるのがいいと思います。

ファクタリングは会社のピンチを脱出する有効な手段

会社が起業して以来最大のピンチに陥ったとします。従業員に金が払えない、銀行から借りている毎月の返済も滞りそうになっている時、お金を調達するのは並大抵のことではありません。こんな状況だと、銀行はもちろん融資などしてくれないでしょう。知り合いの会社経営者に頭を下げても、沈みかけている船にわざわざ乗る人はなかなかいません。さて、どうするか。
もしもの時のために、知っておきたいのが、融資以外の現金調達手段であるファクタリングサービスです。ファクタリングは自身の会社で持っている売掛金を売却することで、当座の資金を提供してくれるサービスのことです。もちろん、ファクタリング会社としても、売掛金がちゃんと現金回収できる見込みがあるのかどうかの審査はしますが、それも銀行等の融資の審査に比べればハードルは低めですし、期間も短く済みます。
ファクタリング会社には3社間取引と2社間取引の2種類があります。3社間は、自社、売掛金の請求先の会社、そしてファクタリング会社で取引します。しかしこの場合、自分の会社の経営が相当まずいことになっているのがばれてしまいます。それでは困るという人は自社とファクタリング会社の2社の取引に応じてくれるところに依頼するといいでしょう。

売掛金を回収前に現金化する方法

企業の経営者で資金繰りに頭を悩まされている方は多いと思います。いい時期はそれでいいのですが、経営はいいときばかりとは限りませんので、いかに落ちたときに運転資金を確保することができるかが、経営者の手腕の見せ所だと思います。しかし銀行等はいいときはお金を貸しますが、経営状況次第では貸付を断られることもあります。そんなときにはファクタリングを検討してみて下さい。
ファクタリングとは、サービスや商品を納品して完了したあとに、現金を入金待ちをしている状態の売掛金を先もって現金化してくれるサービスです。ですので、運転資金に困っていて、早く売掛金を現金化したいと思っている場合はファクタリング会社を利用して下さい。ファクタリングは銀行や消費者金融の融資とは違って、元々売上が確定している売掛金を先に現金化する方法なので、審査が早く担保ya保証人が原則要らないので、とてもスピーディーに運転資金を確保することができます。
ファクタリングは、融資とは違うので利息がある訳ではなく、手数料という形で支払いますので、ずっと利息を払い続けることなく運転資金を現金化できるのもメリットだと思います。ファクタリング会社ごとに条件は違うので、確認しておくのもいざというときのためになると思います。

記事一覧